真性包茎の費用は保険適用されるの?

包茎は仮性包茎と真性包茎とカントン包茎と大きく分けると3つあります。その中で保険が適用されないのは仮性包茎で、後の2つに関しては基本的には保険が適用されますので費用を抑えて手術を受ける事も可能です。

真性包茎の症状としては平常時も勃起時も包皮がほぼ亀頭をを覆っている状態です。真性包茎は常に包皮でおおわれている状態ですので、垢がたまりやすく悪臭を発生させたり亀頭炎や包皮炎、性感染症(STD)のリスクもあります。

性行為も正常にできない状態ですので、保険が適用されるという事にはなりますが料金プランを見てみますと保険が適用される手術方法と、適用されない自費治療の方法が有ることが分かります。環状切開法というのは一般的に泌尿器科で行われる方法ですが、問題は解決はできても縫った所の皮膚の色の違いが出てしまったり、傷跡も目立ってしまうこともあり、見た目的な所でデメリットもありますので自費治療を選択する方も多いです。

費用はサイトで確認できるけれどカウンセリングを受けて決める!

真性包茎の場合は、手術をする事で解決することが出来ます。自分の努力や薬を塗るという方法では改善されることはありませんし、臭いや炎症などのリスクがありますので早めの段階で治療を行う事をお勧めします。

保険を使った方法であれば泌尿器科で費用を抑えて手術を受けることが出来ます。この場合は環状切開法が主流ですがデメリットもあります。仕上がりもきれいにしたいのであれば、亀頭直下埋没法がお勧めです。

この方法は真性包茎や仮性包茎、カントン包茎の場合も行われる方法ですが、自由診療項目となりますので料金プランはそれぞれのクリニックによって異なります。出来れば事前にサイトなどで確認をして費用を比較してからカウンセリングを受けると良いです。

真性包茎は保険も適用される手術で対応することも出来ますが、デメリットもありますので口コミなども参考にして費用の予算も考えて選んでいくと良いでしょう。カウンセリングだけでしたら無料で行っているところもあります。

まとめ

仮性包茎と異なり、真性包茎の場合は手術が必要です。保険が適用される項目ではありますが、保険を使ったアプローチは限定された方法で、傷跡が目立ってしまったり包皮の所の色にコントラストが出来てしまって目立つというデメリットもあります。そのため保険適用外ではありますが、目立たずきれいな仕上がりになる方法を選択する方も多いです。

費用はサイトにも掲載されていますが、麻酔の料金が含まれているかいないかでも変わってきますし、最終的にはカウンセリングを受けて見積もりを出してもらってから検討する事をお勧めします。